ブリス菌 効果

ブリス菌に期待されている効果について

口腔が見違えるほど健康に! ブリス菌でここまで変わります!

 

最近話題になっている、カラダの中の菌をコントロールする健康法。

 

プロバイオティクスと言いますと、響きがちょっとカッコいいですね。

 

ブリアン歯磨き粉による虫歯予防理論も、口内の菌の環境を整えるコトで虫歯になりにくくできるという、とても画期的な方法です。

 

そのために必要な善玉菌をブリス菌といい、これを口腔内に永住させることがブリアンを子どもの内から使う目的です。

 

 

ブリス菌の本当の効果は!?

 

しかしです。ブリス菌がいれば虫歯になりにくい。この情報が一人歩きしている感は否めません。

 

どうせ使うのであれば、そのメカニズムは理解しておくべきです。

 

ブリス菌は口腔内で、どんな動きをして、どのように虫歯を防いでくれるのでしょう? 

 

これを知りますと、ますますブリアン歯磨き粉の魅力に気がつくかと思います。

 

 

まず一番重要な効果は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の住みかを無くすコトです。

 

ブリス菌ことBLIS M18は、ミュータンス菌とは敵対関係にあります。

 

繁殖するのに必要な、口内というスペースを奪い合っています。

 

口腔内がBLIS M18でいっぱいになれば、虫歯菌が入り込む場所がなくなりますので、結果虫歯になることが無くなるという仕組みです。

 

 

またBLIS M18には、虫歯菌を退治する効果のほかに、口腔内を健康にできる素晴らしい機能が備わっています。

 

歯垢を分解することで、口内の清潔が保たれ、歯肉炎も防げて口臭防止になりますし、そもそもの歯垢ができにくくなる酵素を作ってくれるチカラがありますので、お口の中の状態がベストに保たれるんですね。

 

 

子どもにブリアン歯磨き粉を使う意味でならば…

 

虫歯予防以外の付加価値で注目したいのは、口臭予防効果ですね。

 

 

口のニオイっていじめの原因にもなりかねません。子どもって残酷な一面ありますし、臭い!ってなんの迷いも無く言葉に出して人を傷つけてしまいます・・・。

 

まあつまり、子どもの世界でもスメルハラスメントあるので、わが子が他人に迷惑をかけないように、ブリアン歯磨き粉を使う意味がより高くあるってコトは知っておきたいですね。

 

>>参考記事 「使い始めるのはいつから??」

 

 

 

【ブリス菌】の効果関連ページ

普通の歯磨き粉と違う!ブリス菌について
ブリス菌配合の新しい虫歯予防歯磨きです。気になる副作用やメリット&デメリット!⇒ 【ブリアン歯磨き】で子どもの虫歯を徹底ケア♪ブリス菌(BLIS M18)成分の特徴からも注意点はあります。要確認ですね。
「ブリアン」を使うデメリットとは?
子どもの虫歯予防にブリス菌配合の「ブリアン」はおすすめ!なのですが「ブリアン歯磨きにもデメリットはある??」良いことばかりでは無いデメリットがあるなら知っておきたいですものね。
副作用について
ブリス菌が入ったブリアンで子どもの虫歯予防はバッチリ!なのですが、新たな歯磨き【ブリアン】だけに副作用とか心配です。ブリス菌は大丈夫?歯磨き粉として問題ない?副作用やトラブルをチェックしてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
購入まとめ いつからいつまで 気になる点