ブリアン 副作用

子ども向け歯磨き粉「ブリアン」の副作用が心配…

虫歯予防にこだわって作られた子ども用歯磨き粉「ブリアン」はメディアなどでも注目されています。

 

結論から述べると「ブリアン」で副作用があるという報告はありません

 

副作用が無いだけでなく、ブリアンを使用した人の満足度97.5%や満足度1位、口コミ件数117件と多くの人から支持を得ています。

 

これだけの人から支持を受けているのには成分や製造方法に理由があります。理由を徹底的に説明します。

 

世界初の「BLIS M18」を配合

 

「BLIS M18」は海外で多くの研究結果が論文にまとめられる注目の菌です。

 

簡単に説明すると虫歯にならない子どもの研究から見つかった虫歯予防成分です。

 

虫歯にならない世界のトップ2%の子ども達だけが持っているとされている菌は、虫歯菌を追い出し、虫歯を防いでくれます。

 

また、とても小さな粒子であるため歯と歯茎の間などにも入り込み汚れを取り除いてくれます。

 

 

「BLIS M18」は殺菌剤や熱に非常に弱い菌です。

 

殺菌剤や発泡剤、界面活性剤などを使用すると菌が全て死んでしまいます。そのため、ブリアンは生きたままBLIS菌を届けるためそれらを一切使用していません。

 

 

だから、小さな子どもでも使うことができるように、成分の優しさにこだわったブリアン

 

 

毎日使うものだからこそ、成分にこだわりました。

 

BLIS菌を生きたまま届けるために殺菌剤、発泡剤、界面活性剤は含んでいないことは上でも述べましたが他にも危険な成分を使用していません

 

 

保存料、研磨剤、合成着色料、刺激、パラベン、グリセリン、ポリエチレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウム、添加物、フッ化ナトリウム、酸化防止剤、シリコン

 

 

これらの成分は使用していません。

 

研磨剤などは良く歯磨き粉の成分としては耳にします。しかし、この研磨剤によっては歯の表面を守ってくれるエナメルを知らない間に削っているということが分かっています。

 

不要な物は取り除き、純粋に予防をすることにこだわったからこそ小さな子どもから毎日使用することができます。

 

 

製造にもこだわっています!

 

ブリアンは国内工場で作られ、厳しい品質管理のもと製造されています。ひとつひとつを丁寧に万全の状態で消費者へと届けられています。

 

 

ブリアンを開発したのは臨床医の先生!

 

このブリアンを開発した斎藤先生は、臨床医として様々な研究を積み重ねてきました。

 

30年予防歯科に関わり、BLIS菌を発見しました。BLIS菌の特徴を研究し、歯磨き粉として製品開発に至るまでに、臨床医として信頼のおける成分にのみこだわっています。

 

 

これだけ、成分や製造、製品開発にこだわり抜かれて作られた歯磨き粉だからこそ、小さな子どもでも副作用を心配することなく毎日使うことができます。

 

また、今ならキャンペーンが行われていまおり、定期コースを申し込むと初回限定で通常価格の49%オフで購入することができます。また、60日返金保証も特典としてついているため気軽に試してみることができます。

 

まずは使ってみて実感!が可能なキャンペーン設定です。

 

>> 商品&通販詳細のまとめ記事へGO!

副作用について関連ページ

普通の歯磨き粉と違う!ブリス菌について
ブリス菌配合の新しい虫歯予防歯磨きです。気になる副作用やメリット&デメリット!⇒ 【ブリアン歯磨き】で子どもの虫歯を徹底ケア♪ブリス菌(BLIS M18)成分の特徴からも注意点はあります。要確認ですね。
「ブリアン」を使うデメリットとは?
子どもの虫歯予防にブリス菌配合の「ブリアン」はおすすめ!なのですが「ブリアン歯磨きにもデメリットはある??」良いことばかりでは無いデメリットがあるなら知っておきたいですものね。
【ブリス菌】の効果
ブリアン歯磨き粉の特徴はなんといってもブリス菌(BLIS M18)です。ブリアン歯磨きのブリス菌が子どもの虫歯予防にどのように効果があるのがcheckしてみましょう♪

ホーム RSS購読 サイトマップ
購入まとめ いつからいつまで 気になる点