ブリアン歯磨き 何歳

子ども向け歯磨き粉「ブリアン」は何歳まで使って良いの?

子ども用と大人用の歯磨き粉の境目のタイミングって難しいですよね。「スース―と辛い味でも大丈夫になるまでは子ども用?」なんて思ってしまいます。メディアでも話題の子ども向け歯磨き「ブリアン」もいちご味と子ども用に作られています。いつまで使うのが良いのか虫歯菌の特徴と合わせて紹介します。

 

虫歯菌とは?

 

虫歯になる原因は、虫歯菌が歯につくことです。虫歯菌は生まれた時は持っておらず、大人から感染すると言われています。虫歯菌を持った人と同じ箸やスプーンなどを使用したり、熱いものを冷ますときに「フーフー」と息をかけたりなど、あっという間に感染してしまいます。

 

感染するタイミングは?

 

虫歯菌は歯につくため、歯が生えていない時期には感染しません。歯が生え始めてからが虫歯の予防が必要になります。また、虫歯菌に感染しやすい時期があります。生後19ケ月から3歳になるまでが最も感染しやすい時期になります。この時期に乳歯が全て生えることにも関係しています。乳歯は柔らかく弱い歯であるため虫歯菌が感染、増殖しやすくなります。

 

つまり、3歳まで虫歯になりにくい口内環境を作ってあげることがその後の口内環境を左右すると言っても過言ではありません。

 

ブリアンを使うのは何歳まで?

 

ブリアンは、世界の虫歯のない子どものトップ2%が持っていると言われている「BLIS」菌を世界で初配合しています。この菌が虫歯菌を追い出し予防してくれます。また、BLIS菌はとても小さい粒子のため歯ブラシが届きにくい歯と歯の隙間や歯茎と歯の隙間などにもしっかりと入り込み菌を取り除いてくれます。つまり、菌に感染し始める歯の生え始めからブリアンを使用してあげるのが最も良いタイミングです。

 

小さい子どもにも優しい成分で作られているため歯の生え始めから使用することができます。また、うがいが出来ない子どもでもつばを吐きだすだけで大丈夫ですので使用しやすくなっています。

 

ブリアンの使用は、最も感染しやすい時期が終わる3歳でも良いかと思いますが、3歳の歯は乳歯と呼ばれ生え変わるものになります。永久歯と言われる歯に生え変わり始める6歳からの環境も重要になります。なぜなら、永久歯の生え始めは歯が未熟なため表面が柔らかく虫歯になりやすくなるからです。約1〜2年で成長すると言われています。そのため、この時期も3歳までと同様に注意が必要な時期となります。

 

結論、歯が生え始めてから6歳の臼歯が生えるまでがブリアンを使うベストな時期と言えます。

 

通常価格で購入すると1カ月7,800円と決して安い金額ではありません。しかし、今ならキャンペーンで60日間返金保証がついた虫歯予防コースというのがあります。このコースに申し込むと初回限定3,919円で購入できるだけでなく、2回目は4,980円、3回目以降からはずっと4,482円で購入することができます。この機会に子どもの口内環境と向き合ってみるのも良いのではないでしょうか。

何歳まで使って良いの?関連ページ

子ども向けって、使い始めるのは「いつから?」
子どものための虫歯予防歯磨き粉【ブリアン】が話題です。でも、子どもっていつから使ってOK?何歳からの使用がおススメなのか、ブリアン歯磨きについてリサーチです。
何歳からブリアンを使うのが効果的?
ブリアン歯磨きの効果を効率よく得るためには何歳からの使用が良いのかを調べてみました。子ども用歯磨きを無駄に買いたくはない!コスパ良く使いたいから、ブリアンを使うべき年齢は何歳から??
大人は【ブリアン】を使えるかどうか…
子ども向けの歯磨き粉「ブリアン」です。大人は使っちゃいけないの?ブリアン歯磨きを大人が使用していいものか、またはどうすれば使えるとか大人のためのブリアン講座♪

ホーム RSS購読 サイトマップ
購入まとめ いつからいつまで 気になる点