ブリアン 何歳から

効果的に、効率よく使い始める年齢は…何歳から??

歯磨き粉や歯磨きは何歳から始めるのが最も良いのでしょうか。虫歯菌の特徴と合わせて何歳からブリアンを使うのが効果的かを説明します。

 

虫歯菌とは?

 

虫歯菌は別名、ミュータンス菌とも呼ばれていますが、生まれた時から虫歯菌を持っている人はいません。虫歯菌に感染することがなければ虫歯になることはありません。ただし、虫歯菌に何歳まで感染しなかったから一生虫歯にならないというわけではなく、虫歯になりにくい環境ができるという程度です。しかし、虫歯になりやすい、なりにくい口内環境になるには、小さい頃に虫歯菌に感染したかどうかが大きな鍵を握っています。

 

虫歯菌に感染する経路とは?

 

赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんので、小さな子どもは周囲の大人から虫歯菌に感染することになります。感染経路はいくつかあります。

 

1.虫歯菌を持った大人が使った箸やスプーンなど食器を共有した

 

2.虫歯菌を持った大人がキスをした

 

などです。これらを行わないことが虫歯菌の感染を防ぐ方法ですが、うっかりということもあります。そのため、感染経路を断つ努力をするとともに子どもの口内環境を整えるということも大切になります。

 

子どもの口内環境を整えるには?

 

虫歯を予防するために、一般的に行われるのが食後の歯磨きです。歯磨きをすることで虫歯菌の好む環境を減らします。また、歯科検診などではフッ素の塗布なども行われます。歯の表面はエナメル質と呼ばれる物質で覆われており、虫歯菌に感染しても奥まで浸透させない働きをしてくれます。しかし、酸性や糖質でエナメル質は溶けてしまうため食べ物にも注意が必要です。

 

子どもの口内環境を整えるのに大切な時期とは?

 

虫歯菌についての特徴が少し分かっていただけたかと思います。では、いつから虫歯菌に感染するようになるのでしょうか。当然、生まれたばかりの時には歯は生えていませんし、歯が生えていない時には感染しません。虫歯菌がくっつくのは歯ですから、歯が生え始めた時が口内環境を整え始めるタイミングになります。

 

特に、生後19ケ月から31ケ月は乳歯が全て生える時期で虫歯菌にも最も感染しやすいといわれています。乳歯はやわらかく弱いため、虫歯菌が付着しやすく増えやすい環境になります。この時期は最も要注意です。

 

つまり、歯磨き粉「ブリアン」の使用を開始するのは虫歯菌に移る可能性がでてくる歯が生え始める時です。歯が生え始める時には歯茎と歯との境目がしっかりしておらずブラシなどを使うと歯茎を傷める可能性があります。ガーゼなどを使って歯ブラシをしてあげます。ブリアンは小さな子どもから使うことが出来るように、安全安心にこだわって作られているため生後間もない時期でも大丈夫です。また、粉状の歯磨き粉でうがいが必要ないため歯が生え始めたばかりの赤ちゃんにも使用することができます。

 

歯が生え始めたばかりの赤ちゃんの口内環境を守ってあげることができるのは親しかいません。虫歯になりにくい子どもの口内環境を作ってあげたいものですよね。

何歳からブリアンを使うのが効果的?関連ページ

子ども向けって、使い始めるのは「いつから?」
子どものための虫歯予防歯磨き粉【ブリアン】が話題です。でも、子どもっていつから使ってOK?何歳からの使用がおススメなのか、ブリアン歯磨きについてリサーチです。
何歳まで使って良いの?
子ども向けの歯磨き粉「ブリアン」ですが年齢制限とかあるのかしら??何歳まで使っていいとか悪いとか、知りたい情報チェックです。ブリアン歯磨きは何歳までOK??
大人は【ブリアン】を使えるかどうか…
子ども向けの歯磨き粉「ブリアン」です。大人は使っちゃいけないの?ブリアン歯磨きを大人が使用していいものか、またはどうすれば使えるとか大人のためのブリアン講座♪

ホーム RSS購読 サイトマップ
購入まとめ いつからいつまで 気になる点