ブリアン いつから

子ども向け歯磨き粉「ブリアン」を使い始めるのはいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんは歯がありません。

 

当然、生まれたその日から歯磨きをするということもありません。

 

では、いつから歯磨きをするべきでしょうか??

 

歯が生え始めたら?離乳食を食べ始めたら?など様々なタイミングが浮かびますが、そもそも、歯磨きは虫歯を予防するためのものです。

 

虫歯になるきっかけを知り歯磨き粉を使って歯磨きをするタイミングを考えていかなければなりません。

 

 

虫歯の原因は?

 

虫歯になる原因は、虫歯菌です。虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。しかし、様々な経路をたどって感染してしまいます。例えば、虫歯菌を持った人と同じ箸やスプーンで食事をした。熱い物を冷ますのに息をかけた。キスをした。など虫歯菌を持っている人と何かしらの接点を持つことで赤ちゃんへ虫歯菌はうつってしまいます。「たったこれだけで?」と思ったお父さんやお母さんも少なくはないのでしょうか。

 

 

虫歯を予防するには?

 

これらを予防するには、親や周囲の大人の口内環境を整える。食器を共有しないなどがありますが、気を付けていてもうっかりということはあります。そのため、親の口内環境を整えると共に子どもの口内環境を整える必要があります。

 

 

虫歯がうつるのはいつから?

 

感染が始まるのは、歯が生えてからです。特に感染に気を付けた方が良いとされる期間は、生後1歳をすぎて3歳になる頃までです。この期間に乳歯が全て生えるといわれています。特に、歯の間に虫歯菌は付着しやすく、乳歯は柔らかく弱いため、一気に増殖するといわれています。3歳までの口内環境はとても大切であると共に、虫歯菌が移った後のケアよりも移る前の予防が大切になってきます。

 

 

結論、ブリアンを使い始めるのは?

 

ブリアンを使い始めるのは、虫歯菌に感染し始める歯が生えてからということになります。ただし、歯が生え始めた時期にはなかなかブラシなども当てにくくケアがしにくいのも事実です。しかし、ブリアンは通常あるペースト状の歯磨き粉ではなく粉状であるため、小さい頃からの使用が可能です。

 

 

乳児の歯への使用方法

 

歯が生え始めの赤ちゃんに、ブラシを当てると歯茎などを傷つける恐れがあります。そのため、大人の指にガーゼなどをつけて汚れをふき取ってあげることが歯磨きの変わりになります。ブリアンは湿らせたガーゼに少しつけ、歯を磨いてあげることで効果を発揮します。また、ブリアンに配合されている「BLIS M18」はとても小さな粒子であるため、菌が好む歯の隙間にも入り込み菌を取り除くことができます。

 

 

また、つばを吐きだすだけで良いため、
うがいのできない赤ちゃんでも安心して使用することができます。

 

 

歯の生え始めから3歳までの口内環境が虫歯のできにくい環境を作るのに最も重要な時期です。その時期の子どもの口内ケアには、大きく周囲の大人が関わってきます。一生の歯だからこそ守ってあげたいですよね。今なら、60日間返金保証付きのキャンペーンをしている虫歯予防コースでブリアンを試してみるのも良いかもしれません。

子ども向けって、使い始めるのは「いつから?」関連ページ

何歳からブリアンを使うのが効果的?
ブリアン歯磨きの効果を効率よく得るためには何歳からの使用が良いのかを調べてみました。子ども用歯磨きを無駄に買いたくはない!コスパ良く使いたいから、ブリアンを使うべき年齢は何歳から??
何歳まで使って良いの?
子ども向けの歯磨き粉「ブリアン」ですが年齢制限とかあるのかしら??何歳まで使っていいとか悪いとか、知りたい情報チェックです。ブリアン歯磨きは何歳までOK??
大人は【ブリアン】を使えるかどうか…
子ども向けの歯磨き粉「ブリアン」です。大人は使っちゃいけないの?ブリアン歯磨きを大人が使用していいものか、またはどうすれば使えるとか大人のためのブリアン講座♪

ホーム RSS購読 サイトマップ
購入まとめ いつからいつまで 気になる点